がっちり主婦、マイルをためる

専業主婦ターニーママが、本気で陸マイラーに励みます

マイル量産法を3ステップで理解する

マイル量産法を3ステップで理解する方法表紙

たくさんのブログで解説されている『年間21,6000マイルの貯め方』について、今回は、今まさに陸マイラーについて検索し始めた方向けに、3ステップで解説していきます。

目次

はじめに

216,000マイルをどうやって貯めるのか

陸マイラーといえば、なんでも航空会社のカードで支払いしてポイント貯める人というイメージがあるかもしれません。そういう人多いですしね。陸マイラーやってるというとよく言われます。私が勤め人だった頃、会社にもいました。いつも飲み会の会計してくれる人(おごってくれるわけではない)。たまたま、ANAカードで支払いしているのを目撃して、そういうことか!と思ったのを覚えています。私は、あれできないなあ。話が逸れましたが、とにかくそうじゃないんです。

カードのポイントって、どんなに高くても2%もつきません。ANA VISAワイドゴールドカードで1.71%です。年間のカード決済額ってどれくらいになるかチェックしたことありますか?我が家は今年は300万は達成できそうです。300万の決済でも、51,300マイルです。バカにはできない数字ですが、21,6000マイルには及びません。

今から説明する方法で、毎年216,000マイルが貯まります。飲み会の支払いをこそこそ自分のANAカードで支払うことに比べたら、怪しくともなんともないと思います。

大量マイルが人生を変える

毎年216,000マイルが貯まるんです。日本各地、世界中に気軽に行ける生活。きっと人生が変わります。なんか怪しい自己啓発セミナーみたいですね笑。でも、216,000マイルがあれば、滞在費だけの出費で夫婦でビジネスクラスでハワイ旅行に行けるんです。夫婦で7回国内旅行でもいい。人生変わりそうでしょ?

目次にもどる

STEP1 最初にすること

まずは、下準備が必要です。ポイントを作る場所、ポイントを移動するルートを作成します。

  • ポイントサイトに会員登録をする。
  • ソラチカを作る。
  • ANAマイレージクラブに入会する。
  • 決済カードを作る。

ポイントサイトに登録する

現在、たくさんのポイントサイトがありますが、マイルを貯めていくために作るポイントサイトは、ソラチカへのポイント交換ルートが存在するポイントサイトであることが必須条件になります。

まず、GポイントとPeXは必ず登録して下さい。Gポイントは、ANA VISAワイドゴールドのワールドポイントのボーナスポイント分の還元率をUPさせるために、PeXは各ポイントサイトからの中継サイトとして必ず必要です。この2サイトは必ず登録してください。

ルートのあるポイントサイト全部に登録する必要はありません。多すぎるとポイントが分散しすぎて、交換に必要なポイント数に届くのに時間がかかるというデメリットも生じます。かといって1つでは心もとないので、いくつか登録しておいて、案件ごとに還元ポイントが良いサイトを選ぶのが効率がいいでしょう。

私は、ハピタス、ポイントタウン、ちょびリッチ、ゲットマネー、Gポイント、ドットマネー、PeXを利用しています。

ソラチカを発行する

ソラチカカード

ソラチカとは、Tokyo Metro To Me CARD PASMO JCB<ソラチカ>というクレジットカードのことです。ソラチカは必ず発行してください。このカードのおかげで、年間216,000マイルが達成されます。陸マイラー活動が軌道に乗ってくると気づきますが、ポイントサイトで貯めたポイント達の3段交換の最終交換地点がソラチカなのです。ゴールであるANAマイル口座は目の前。ここに「ひと月2万ポイント」という交換上限が存在し、マイルの渋滞が発生しますので、ソラチカは陸マイラーの活動を決意したらすぐに発行しましょう。それくらい重要なカードです。2016年10月現在、ソラチカは発行キャンペーンを行っていますが、キャンペーンがない時期でもすぐに作るべきカードです。ご夫婦で活動される場合は、それぞれ必要です。

ANAマイレージクラブに入会

そもそもですが、ANAマイレージクラブには入会されていますか?まだでしたら、ソラチカと同じく、すぐに入会しましょう。ご夫婦で活動される場合は、ファミリーマイル登録もお忘れなく。

目次にもどる

STEP2毎月2万円のポイントを作る

準備が完了すれば、いよいよ陸マイラー活動のスタートです。

 ポイントサイトの案件をこなして、ポイントを貯めていきます。陸マイラー活動の中核部分です。ポイントサイトには、クレジットカード、買い物、飲食モニター、FXなどなど、様々な案件が用意されていますので、毎月2万ポイントを目標に案件をこなしていきましょう。※後述しますが、この後の「ソラチカ→ANA」のポイント交換に、ひと月2万円の上限がありますので、目標は2万円になるのです。 

ポイントサイトで貯める

クレジットカード発行が中核となる

ポイントサイトでは、クレジットカード発行でポイントをもらえます。普段は1,000〜3,000円分くらいのカードが、増額されて10,000円程度になることがあります。そういった案件を選んで、ポイントサイト経由でカードを発行すれば、10,000円分のポイントがもらえます。クレジットカード発行を月に1枚ずつくらいのペースで続けていくのが、陸マイラー活動の中核になります。

クレジットカードのイメージ写真

「カードを何枚も作るなんてブラックリストに乗らない?」と抵抗を感じるかもしれませんが、そういう金銭的にきっちりできてるあなたのクレジットヒストリーは、きっとクレジット会社が喜んでカードを発行してくれる素晴らしい状態だと想像できます。きちんとやれば、クレヒスを傷つけることはありません。傷つけないように、無茶をしないのが大切です。月に1枚ずつ発行し、たまに休む。ポイントをゲットしたカードは少し経ったら解約する。支払いは支払日にきちんとする。それを守れば、どのクレジット会社も喜んで発行してくれるはずです。

その他の案件

クレジットカード以外で高額案件の代表的なものは、FXや飲食店モニター、大型買い物案件があります。

クレジットカード会社やポイントサイトでは様々なキャンペーンが行われますが、中にはすごくお得なものがありますので、これはという陸マイラーブログを日々チェックして、アンテナを貼るようにしましょう。

ポイントサイトには、ログインボーナスとかアンケート回答ポイントなど、簡単に数ポイントがもらえる案件も用意されていますが、時間のかかるアンケートに答えて3円とかハッキリ言って時間の無駄です。アンケートに答える時間を効率の良い案件探しに当て、どんどんこなしていきましょう。

taaniimama.hateblo.jp

taaniimama.hateblo.jp 

taaniimama.hateblo.jp

 

目次にもどる

STEP3ポイントをANAへ移動していく

ソラチカルートでポイントをマイル化

ソラチカルート図解

  1. 各ポイントサイトから、PeXかドットマネーに交換
  2. PeXかドットマネーからソラチカカードへ交換
  3. ソラチカカードからANAへ交換

このような手順でANAのマイル口座へ交換していきます。ポイントサイトからマイル講座にに届くのには数ヶ月を要します。最初の数ヶ月は、なかなかマイルが増えないので我慢の期間になります。めげずに頑張ってくださいね。届き始めれば、毎月マイルが増えていきますから。

そんなに待てない〜と、直接ANAに変えてしまってはいけませんよ。ANAが提携先に入っているポイントサイトもありますが、価値が半減してしまうところがほとんどです。2万ポイントが1万マイルに目減りしてしまってもったいない。ですので、少々遠回りですが、別のルートを通すことになります。これが、通称ソラチカルートです。このソラチカルートを使えば、90%でポイントをマイルに変えることができます。

これが、陸マイラー活動の全容です。ポイントサイトとソラチカルート。これがあれば、年間216,000マイルを手に入れることができます。

ポイントレートに注意

ポイントサイトは、それぞれにポイントにレートを設けています。ですので、一見するとポイントが10倍になったり、逆に10分の1になったりと、紛らわしいのですが、慣れるまではいちいち円換算して考えてみてください。最後には何マイルになるのかで考えてみてもいいでしょう。

陸マイラー活動の必須サイト「ポイ探」

www.poitan.net

こちらで検索すると、分かりやすいです。試しに、検索してみましょう。ポイントタウンで貯めた400,000ポイントをソラチカルートでANAへ移動すると、18,000マイルになるのが分かります。

ポイ探でソラチカルート検索

ポイントの下に表示されている「実質価値」というものを見てみましょう。ポイントタウンは、1ポイント=0.05円ですので、20,000分は400,000ポイントになります。すごいインフレです笑。その他、PeXは1ポイント=0.1円、東京メトロは1ポイント=1円です。サイトをまたいで交換しても、そのポイントの価値が減ることはないので、ご心配なく。ただ、交換手数料が必要なサイトはあります。PeXやGポイントです。(*Gポイントは指定の案件をこなせば、手数料ポイントバックを受けられますので、実質手数料無料。)

交換期間は、全部で123日もかかっていますが、締め日の関係で最大にかかったという場合ですので、実際にはもっと早く交換完了させることができます。 

目次にもどる

ANAカード決済マイルも侮るなかれ

最初に少し触れましたが、決済でたまるマイルは収入の壁を越えられませんし、216,000マイルには到底及びません。ですが、ポイントサイトで作り出す216,000マイルにさらに上乗せできるので、これを取りこぼすわけには行けません。決済用にはANA VISA ワイドゴールドカードをオススメします。このカードは1.71%の高還元率を誇ります。 

taaniimama.hateblo.jp

1.71%を実現するにはちょっとした作業が必要です。こちらの記事をチェックして、しっかり1.71%ゲットしてください。

年間300万ANAカードで決済して、V3を目指す

家中の決済を集めて、ANA VISAワイドゴールドカードで決済します。最近は、iDやEdyも普及していて少額でもカードを切りやすくなりました。このクレジット決済ポイントにつくワールドポイントは、ソラチカルート外ですので、年間216,000マイルに+αで上乗せされていきます。

*ボーナスポイントはGポイント経由でソラチカルートに載せますので、年間216,000マイルに含まれます。

目次にもどる 

まとめ

いかがでしたか?大まかな手順は、ソラチカ発行→ポイントを貯める→ポイント交換、この3段階です。何はなくとも、まずはソラチカ発行してみてください。

広告
 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

広告を非表示にする